fbpx

「売れる占い師・コーチ」のブランディングday3【どう見えるか?が重要】

対人支援ビジネスを目指すあなたへ
パーソナルブランディングをしたい方。

全くのゼロからの起業して5年。

運命学とマーケティング軍略の専門家
としての自らをセルフブランディング
した経験をベースに

「売れる占い師・コーチ」になる為の
ブランディングについてお伝えしています。

==========================
day3【どう見えるか?】
「お客様視点を持つ」
==========================

運命学の中に形而上学があります。
いわゆる占いです。

「占い」に出会ったのは、
今から34年前です。

当時、中国の歴史、
「三国志」に夢中になっていました。

特に、三国志の主役の一人でもある、
悲運の天才軍師 諸葛亮孔明が憧れで、
彼は、あらゆる軍略書を学び、

特に「奇門遁甲」という開運術を駆使
して自分よりも何倍も強い的と戦う姿に
とっても魅了され、

それがきっかけで、
中国の占いを勉強するように成りました。

今では、
中華思想・哲理・軍略・歴史・文化
の研究をする運命学研究家という
生き方に至っています。

そんな私なので、
占い師になりたい方が集まります。

=====================
見せ方よりも見え方!
=====================

どう見られたいか?
これって大事です。

でも、占い師にとって
もっと大事なことは、

お客様から、
自分がどう「見えているか」を考える
ことです。

お客さまに自分をアピールする時は、
自分がどんな占い師なのか、
どんな占術を得意として、
お客さまのどんな悩みに答えられるか
といった事を発信しますよね?

このとき、
「自分目線」で発信すると、
場合によっては自慢に聞こえたり、
敷居を高く感じさせてしまったり、
上から目線に見えてしまう危険があります。
(狙いがあるなら別ですが…)

悩みを抱えたお客様の気持ちで、
今の自分の見せ方がお客さまに
どの様に映るかを考え、
発信している内容を見直してください。

お客さまが引くような見せ方でないか?
メンターにチェックしてもらうと良いですね。

発信していない方は先ずは始めてください。

すでに発信している人はお客さま視点を考えてみてください。

最後に、
見せ方以上に見え方を意識すると
また一歩、売れる占い師に近づきます