fbpx

キングコング西野さんのマーケティング論 

みなさん、2021年は
どんな年にしますか?

あっ、ちなみに、
中国の古い暦(こよみ)では
2021年を辛丑(かのとのきん)
とよびます。

ことしは、2月3日が
2021年(辛丑)のスタートと
されています。

よだんですが、
毎年、2月4日が1年のスタート
でしたが、ことしは、干支のまわり目で
120年ぶりに2月3日が
スタートになりました。

なので、みなさん、
2021の未来をデザインする時間は
まだあります。

さてさて、菅畠自身は
2021年を、どうするか?
というと…

「古きを一旦終わらせて、あたらしきにすすむ」

をスローガンとしました。

一言で言えば、
「再々挑戦」です!

自分の過去を大まかに
振り返ると、

40才まで20年平社員でした。

2010年に会社員で複業して、
5年間、死力を尽くして
億ごえビジネスを創りました。

2014年に生死の境を体験し
それを転機に5年間、
人を応援するライフワークをしました。

わたしは5年以上は、
同じようななノリを
つづけることが苦手です。

2021年は、
あたらしい自分・生き方をはじめて
まだ知らない自分に出会いたいです。

さて、あなたは2021年は
どんな年になりますか?

大まかにで、スローガンをたてて、
「決めて」みてはどうでしょうか?

再々挑戦

2020年に、
40才のダメ会社員から
複業・起業をへて
2021年2月で
【10年】になります。

いやーーー、
いろいろあった,
ほんとに、もがきながらも、
「自分の道」を切り拓いてきました。

いきなり、一門無しになったりして、
一緒に歩んできてくれた妻には本当に感謝しかありません。

わたしのライフワークは、
東洋哲理・中華形而上学の研究家です。

そして、同時に、
起業複業やマーケティングの支援をする
【商品(サービス)】を提供しています。

年末に読んだ、
キングコングの西野亮廣さんの著書に書かれていた、
【商品(サービス)】について
深く共感しました。

そこには、こう、しるされていました。

【商品(サービス)】は
「販売を目的として生産したもの」

【作品】は
「作者の思想を具現化したもの」

このフレーズが目に入ったとき、
心が大きく揺さぶられました。

マーケティングとは
「見込客を集めて信頼関係を構築して顧客に変える一連のプロセス」
とまなびました。

ひとことで言えば、
「お客さまに届ける作業」です。

そこに、リサーチや宣伝活動など
さまざまなプロセスが含まれ、
ややこしく見えるけど、「お客さまに届ける作業」です。

そして、
マーケティング(ニーズ調査)の後に、
生産するものが-【商品(サービス)】であり、

製造後にマーケティングによって
とどけられる物が【作品】

とちらもお客様に届けるために
「マーケティング」をする訳です。

自分の10年間をふりかえると
会社員から人生を180度
変えるために、生きるのに必死で、

【ニーズ】に合わせた生き方
選ばざるおえませんでした。

でも、

2021年は、少しづつ、
流行りなどに影響されず
自分の心が喜ぶ【作品】の創造に
挑戦したいと今、おもっています。

僕の作品が、世界のどこかにいる
僕と同じような境遇の人とつながる人生に
使いたいと思うようになりました。

僕とパートナーとの
ゼロからの新しい5年の
スタートが2021年です!

【商品】から【作品】へシフトさせるために、

同時に
【作品】以外の売上で【作品】
創れる(食っていける)【環境】
2021年から試行錯誤して準備していきます。

あたらしい【挑戦】
今、ドキドキとワクワクを感じています。

また、素っ裸に
なってしまうかもしれないけど、

また、自分を未来の可能性を
信じ抜いて、すすみます。

今日も最後まで読んでくれて
ありがとうございます。

@東京有明の秘密基地から
菅畠 斉伸