fbpx

世界一簡単な「あなたの好き」の探し方

今5:30からのZOOMセッションを終えて、散歩しながらスマホで、このメルマガを書いています。

ちなみにセッションのテーマは「コンテンツライティング」でした

「好きな事を書いて自分を知ってもらおう」と話していたら、こんな言葉が返ってきました。

「私には好きなことがない。どうしたら”好き”を見つけれれるでしょうか?」

ちなみに、こういう人って、結構たくさんいるんです。

例えば、「占い」

ある人は「占いが好きだけど、◯◯さんより詳しくない」と言うと、そういう人に「占いの何が好きなの?」と問うと、西洋の占術の名前やそれに伴う体験が、いくつか出てきます。

それが、他の人とまったく同じであることは、あり得ないです。
もうそうれだけで【自分なりの好き】なんです。

「◯◯さんより好きじゃない、これくらいの知識では”好き”だなんて言えない」
ということは、人と自分を比べていることです。

なぜ、「好き」を人と比べる必要があるのかな?

好きかどうかは、あくまでもその人自身の問題であって、他人と比べるものではないですよね?

あなたのことを絶対に信用してくれる人には、好きなことを話していると思います。

たとえば、こんな風に、
「うちのお店の近所のイタリアンのイカ墨パスタは、めっちゃ美味しいんだ」

これって、それに何人が共感してくれるだろうか?
1人ぐらいいたら、すごくない?
僕そう思うんですよね!

あなたの好きなことは、絶対に誰かも好き!
それでいいじゃないですか!!

あるクライアントさんで、私にキューバの音楽を、なんとなく元気になるから好きだけど、曲も歌手も、あまり知らないという人がいました。

「それって好きって言えますかね?」って聞いてきました。

「キューバ音楽が好きだけど、曲は知らないって、SNSですればいいよ!そしたら誰かが答えてくれるよ」。
そう僕はアドバイスしました。

好きなことは、詳しいこととは別次元のことなんですよね~。

詳しいから好きなわけでもないでしょ?仕事上必要だから詳しいけど、好きではないという分野もあるわけだし…

好きなことって純粋に没頭できることかなぁ♪

「これくらいで、”好き”なんて言ったら恥ずかしい」と思いがちですけど、好きなことなら恥ずかしいことも超えて行けるんじゃないかなぁ♪♪

これは誰にも負けないという分野をつくりたいなら、どんどん深堀りしていけばどんなものでもナンバーワンになれるもんです。

本について詳しいとか、「村上春樹」について誰よりも詳しいというのが無理なら、たとえば「ノルウェイの森」の第4章について誰よりも、熱く語れる、
というナンバーワンから初めればいいんですよね~♪

こんな感じならナンバーワンになれるはず!!

範囲狭めれば、その中でナンバーワンになれるという事を知って欲しいなぁ。

基本、みんな、人のことを気にしすぎ(笑)

ちょっとした好きを、深堀して行けばいいんです。
気がついたらマニアックなナンバーワンになっちゃうから。

人のことを気にせずに、あなたの好き深堀して、ガンガン発信していこう!!

誰か1人と深くつながる事から始めればいいんです。