fbpx

正直、苦しいけど…  

世界はどんどん変化している。
あなたがとるもっとも良い策は、

”しなやかな弾力性”

そう、アメリカの起業家で
ぼくのビジネスメンターの
セス・ゴーディンはいっている。

いつも100%期待どおりの結果を
得るものを創りだそうとするのは
変化への答えとは言えない。

あなたにおきるリスクを
完璧にふせぐシステムを創るには
コストがかかりすぎるし、
未来をかんぺきに占えないと不可能。

“しなやかさ”とは、
ものごとが思ったとおりにいかなくても、
(とくに、いざという時こそ!)
自分の在り方や、システムを柔軟に
リデザインすること。

最善のシナリオを設計するのではなく
最善のケースが訪れなかったときに、
あなたの仕事が、どうしたら成功するかを、
考える努力をする。

過去のシステムとか、
いままでのやり方とか、
ジェンダーとか、年齢とか、
“自分はこうだから”にとらわれたり、
にしないこと。

なぜなら、
その方がはるかに、
うまくいく可能性が高いから。

むかしから、船乗りたちは、
水平線上の一点に集中することが嵐を乗り切る最善の方法だと知っていた。

“しなやか”で柔軟性があること、

すてきな”コミュニティ”をもつこと、

美しさ麗しさに気づく感覚をもてれば、
より良い方向に進むことができる。

それって、簡単なことではないけど、
それこそが、あなたとわたしが
進むべき最善の道だ。とメンターは教えてくれている。

いまぼくは、トランスフォーメーション
するために、まさに、
レジリエンス(しなやかさ、回復力)
の必要性にせまられている。

あなたは、どうでしょうか?

@東京有明の秘密基地から 菅畠 斉伸