fbpx

社会貢献の前に【稼ぐ力にフォーカスしよう】

「世の中に何か貢献したい…」
「新興国に学校を作りたい…」
「社会にもっと貢献したい…」

とおっしゃる方によく出会います。

動画か解説はコチラ

とっても共感するし憧れるし、
素晴らしいと思います。

私も、世の中をより良い方向に導く、
影響力を行使できる人間になりたいと
思います。

でも、

大変恐縮ではありますが、
そういった事をおっしゃる方に限って、

「稼ぐ力」にフォーカスしていない。
素直な欲求に向き合っていない、
場合によっては家族を犠牲している
ケースも見受けられます。

この世界は「陰と陽」
表と裏が存在するように….

まずは自分を満たして欲しいです。

それが、
社会貢献に向かうベイビーステップ!
初めの一歩なんだと思います。

マズローの欲求5段階説からも、

  1. 生きていくために必要な、基本的・本能的な欲求
  2. 安心・安全な暮らしへの欲求
  3. 友人や家庭、会社から受け入れられたい欲求
  4. 他者から尊敬されたい、認められたいと願う欲求
  5. 自分の世界観に基づき「あるべき自分」になりたいと願う欲求
    +自己超越

という階段を上ることが自然だと思います。

自分が幸せになって、
低次の欲求を卒業して、
初めて人を救うことができると
私は思っています。

また逆に言えば、

自分を幸せに出来ない人が
他人を幸せにできる訳が無い

とも思います。

数年前の起業直後に、

「社会を救おう」
「社会貢献しよう」

など、とうてい思えませんでした。
無我夢中でした。

社会貢献は大切です。
素晴らしい考え方です。
絶対大切です。

しかし、社会貢献を言い訳に、
自分の欲求を卒業しない事
私は違和感を感じます。

稼ぐ力を身につける事に向き合わず、
社会貢献の名の下に現実を動かさないのは、
とても残念に思います。

「社会貢献」

響きの良い、
自己肯定には格好のフレーズです。

口でも何とでも言えます。
行動で示す事とは次元が違います。

私が思うのは、
実践して周囲に姿を示し、
実行力が伴うことが大切だと思います。

「自分を安定させる」
「稼ぐ力を磨き実践する」
「自分を豊かで心地よい環境におく」

それがまず大切だと思います。

それから少しづつ実行の範囲を広げて
社会貢献に向かっていくことが、
綺麗事ではない、
着実な道筋だと考えています。

まずは、あなたを豊かにして欲しいです。
時間空間も自由な世界を創造して欲しいです。