fbpx

自然界は結果を通して乗り越える課題を教えてくれる

私はインドネシアのバリ島に拠点を持っています。
そこには一昔前の日本が残っています。
そこには、のんびりとした暮らしぶりがあります。

「万物に神が宿る」と言ったヒンドゥーの考え方に基づき、
自然に即して、与え与え合う生き方が守られているのです。

そのおかげで、あれこれと「他と比べる」必要がありません。

日々、農作業に励み、淡々とした日常の中を生きている。
確実に育っていく作物に思いを馳せながら、
明日という一日が確かに来ることを信じて生きています。

そこには、たくさんの夢はなくとも、
大きな夢はなくとも、
とても【深遠なる真理】を感じます。

今の時代は、
数多(あまた)の虚像が追いかけてくるような気がします。

どんなことでもできる。
大きな夢を抱くことが素晴らしい。

そして、
目の前に差し出された沢山の夢を前にして佇む人達…

たった一つの夢を選ぶことで、
他の夢が逃げてしまうような恐れを感じてしまう…

溢れ出る虚像の多さにたじろぎ、
やがて自分の人生の道のりすらわからなくなってしまう…

まさに虚勢と目移りの時代だと、
2015年に運命デザイニングコーチ として起業して、
5年間8000時間1000人以上のコンサルの実践と、
26年の運命学研究を通して
しみじみと感じています。

人と比べるということが、
自分で自分に心の棘(とげ)を刺しているという事に、
気づくと一気に運勢稼働が始まります。

自然法則は正直です。

稼げていないのは、
自分のクライアントとも、
真の課題に向き合う必要があるというサインです。

結果は自然が教えてくれるメッセージです。

素直な気持ちを失い、
「人と自分を比べるのは仕方が無い」と開き直っている内は、
精神的自由、空間的自由、経済的自由はついてきませんでした。

【結果】は自然が教えてくれるフィードバックです。
感情に飲みこまれずに真摯に受け止めて、
今の現世で活かしましょう。