fbpx

購買心理を自由に操る魔法のかけ方

今日のテーマは、
「購買心理を自由に操る魔法」について
お話させて頂きます。

ビジネスで大いに利用できるので、
最後まで是非、観て聴いて感じて下さい。

======================
動画解説はコチラ

======================

「渋滞20キロメートルという数字」
ゴールデンウィークや
夏の行楽シーズンともなると
毎回起きるのが高速道路の渋滞で目にしますよね。

案内板に「渋滞20キロメートル」等と
表示されているのを見ると、
うんざりしてしませんか?

その数字を見ると近くのICから下り、
続々と一般道路を走ろうとする人が出てきます。

しかし、
一般道に入り交差点での渋滞に巻き込まれ、
後で考えてみるとそのまま高速道路を走っていた方が
早く目的地に到着できることが意外と少なくありません。

この「渋滞20キロメートル」という数字には
何か秘密が隠されているのでしょうか?

それは、

潜在意識の力

です。

人は知らず知らずのうちに、
その人の潜在意識にインストールされた
情報に引き寄せられてしまいます。

それが人の行動心理なのです。
まさに潜在意識による影響力の力です。

この潜在意識の力のことを
行動心理学では「アンカーリング」といいます。

アンカーは船の「」を意味しており、
潜在意識の中に刷り込まれていた情報が
錨のように重石となって思考や判断を束縛してしまうものと考えられています。

高速道路の「渋滞20キロメートル」という表示を見たとたん、
深く考えずに一般道路に下りてしまうのも、
「一般道路は混雑していない」という経験則に基づく
無意識からの固定観念がアンカーとして働いてしますからです。

アンカーリングとは…

経済学の創始者である
カーネマンとトヴェルスキー
学生を対象に行った有名な掛け算の計算実験があります。

グループA:1×2×3×4×5×6×7×8
グループB:8×7×6×5×4×3×2×1

どちらも1から8までの
数字を掛け合わせるもので、
5秒という制限時間が設けられていました。

数字の順番が変わっても
掛け算の答えは変わらず、
グループAもグループBも正解は「40320」になります。

しかし、
驚くことに、
学生の回答の平均値は
グループAが「512」
グループBは「2250」
だったのです。

なぜこうまでも大きな開きが出たのでしょうか?

それは、
「1×2×3…」「8×7×6…」と
最初のいくつかの数字を計算した段階で
5秒という制限時間が迫り、
後の計算を大くくりにしてしまった事が考えられます。

最初に目に入った数字の大きさが
大きなアンカーとなってしまい、
その後の推計に大きな影響を与えてしまったのです。

この様に、
NLP、催眠療法でもよく使われる
”アンカーリング”ですが、
このスキルを使って、
価格交渉等を優位に進めることができます。

あらかじめ自分が想定していた売価より
高い価格を吹っ掛けて、
もし、
相手が値引き要求をしてきたら
それに応じて値段を下げる。

そうすると、
最初の提示価格がアンカーとなり、
相手は満足して、当初の想定価格を上回る水準で
妥結することが十分可能になってきます。

この様に、
人の潜在意識の特性を利用する事で、
購買心理を自由に操る事は可能で、
購買心理学はマーケテイングの世界でも
当たり前の様に活用されています。

潜在意識の力は現実的に、
私たちの自己実現に大きく影響している事を
知ることはとても大切だと思います。