fbpx

起業家の為のランチェスター戦略×ムーアの法則

私の今のビジネス、対人支援型ビジネス…

平たく言えば、

”東洋哲理&中華形而上学と
マーケティングを使ったコーチングビジネス”…

です。

起業してから5年目になります。
順調に、継続的、安定的に成長することができました。
いっとき、「なりちゃんは結局なんの仕事は何なの?」と聞かれて…
気丈な姿を装いながら、内心困惑している自分がいました。

========================
動画解説はコチラ

========================

起業当初は、コンセプトが言語化できず、
実践を通して少しづつ自分の中で
ドメインコンセンサスをとり、
コンセプトを磨いてきました。

ドメインコンセンサスとは
心の中で本当に自信を持って
自分のサービス・商品を人に薦めれるよう、
腹底で腑に落とす。

と言ったところでしょうか?

自分で自分のサービスに自信が無い状態では、
必ずお客様にはその心情が伝わってしまいますよね。
でも、今になって自分を客観的にみてみると…

  • 中華古典・東洋哲理の研究者
  • 算命学などの中華形而上学の先生
  • NLPのトレーナー
  • 催眠療法士
  • コーチ
  • コンサルタント
  • カウンセラー
  • マーケッター
  • 経営者

たくさんの肩書きがあります。

今もっとも力をいれているのが、

 ・副業起業支援
 ・経営者の運勢稼働支援

この2つに絞っているだけで、どの肩書きも自分です。

マイケルポーター先生も、
孫子の兵法もランチェスター戦略も
日露戦争の日本海軍の戦略も
いずれも、10を持って1を叩く!

各個撃破が、弱者の取るべき戦略です。
確かにそうだと改めて思います。
やっぱり、「一点集中・一点突破」です。
この5年間ずっとこの考え方を貫いてきました。
今でも基本的な考え方は変わりません。

一点集中・一点突破は成功確率を極めて
高めることは歴史もあらゆる書物が立証しています。

色々な事に手を出すと
エネルギーもリソースも分散して、
成功確率はグ~んと下がります。

有名な老舗蕎麦屋が、
2代目がとち狂って、
ラーメンやカレーライスを出し、
ブランド価値を下げるようなものです。

基本、「一点集中・一点突破」なんですが…
シリコンバレーや外資の成功例をみてみると、
「集中する期間」が重要だと感じています。

あまり長い期間フォーカスしすぎると
近視眼的になってしまい、
時流やマーケットの動きに
対応できなくなる…。

専門的な言葉で言えば、
イノーベーションジレンマ
おきてしまうということです。

5GやAIテクノロジーの進化が、
私たちの想像を超える
スピードで進んでいる中で、
いままで成功していたからと言って、
そのコンセプトにしがみつく、
もしくは、そのコンセプトに基づく
サービスを逐次改良して行くことは、
イノベーション(技術革新)が進み、
18世期後半に起きた産業革命の時のように、
前提から一気に根底から覆された時、
全てを失う危険性を
今の時代本当に秘めています。

私も対人支援型ビジネスに
5年間集中してコンセプトを磨いてきました。
時間にして7000時間です。

ただ、少し違和感と言うか、
閉塞感を感じて来たのも事実です。

5年前とは明らかに技術革新のスピードが違いすぎます。

インテルの創設者が唱えた
ムーアの法則という有名な法則があります。

技術革新スピード、
イノベーションジレンマの話を
扱う時には必ず出てくる話です。

コンピューターの基本となる
半導体の集積度が約2年で2倍になるという理論です。
2年で2倍ということは…
5年で4倍以上になるということです。

現代社会において、人の能力の進化が2倍ってありえないですよね…

紀元前500年の孫子の兵法以来、
一点集中・一点突破は普遍的な戦略だと思います!

特にゼロイチ起業においては、
今でも外してはいけないと考えています。

ただし私のように5年は、
チャンスを失う可能性があります。

しかし、3年くらいは1つの事に集中する必要があるかと思います。

私が起業した5年前とでは、
確実にビジネス環境が違います。

ゼロイチ起業家には多角化経営は
絶対に進めませんが、2年やってみて、
結果が出ないビジネスは
早々に切り替える必要があります。

ソフトバンクの孫正義社長も
起業当初は一点集中・一点突破
心がけたとおっしゃっています。

やっぱり起業において、
一点集中・一点突破は変わらない、
普遍の法則だと思います。

しかし、2年で自分の事業の見直しが
必要だと頭に入れておくことも
忘れてはいけないのでしょう。