fbpx

身体を動かして、心の棘(とげ)を抜きましょう

コロナ自粛…
皆さん、おそらく家の中にいることが多くなり
身体を動かす事が減ったと思います。

頭だけを使っていると、不安が忍び寄ってきます。

今年は、仏教の修行も本格的に始めたいと考えています。

お寺で修行されている僧侶は、修行中、
1年365日、毎朝4時の起床します。

そして必ず座禅を組み、それからお経をあげ、
朝のお勤めをします。

そして、真冬の日にも作務衣を着て、
境内を掃き清め、本堂を雑巾がけします。

実は、こうした修行は理にかなっているものなのです。

1日中座禅を組むことはしませし、なかなかできません。

静かに座禅を組む時間もあり、
身体を動かしながら掃除をする時間もあります。

その両方があれば修行に耐えることができると教えて頂きました。

私も、毎朝6:00からZOOMによるセッションがあります。

それまでに毎日1時間のお祈りを済ませて、
読書を終えて、陰陽の気が入れ替わる刻に瞑想をします。

人間は身体を動かしている時に、あれこれと考えることはできません。

特に朝の新しい気が満ちている時は尚更です。

ジョギングをしている時に、不安や心配事に襲われることはないですよね?

ふと不安がよぎったとしても、それが増殖することはありません。

つまり、不安や心配事は自分の心が勝手に作り出しています。
少しスピリチャルになりますが、
肉体と魄の魂(スピリット)の調和のバランスが崩れた時に不安が増殖します。
自我(エゴ)に飲み込まれます。

不安や心配事に襲われるときというには、身体を動かすこと無く頭だけで考えている時です。

そんな時は、不安が湧き上がります。
エゴに飲み込まれます。
あなたの感情では無い不安の集合無意識に繋がります。

身体を動かして、自らの身体で感じる事!!
それが自然法則に沿った生き方であり、生を実感することになります。

じっとしている時間の隙間に、不安や心配事が忍び寄ってきます。

小さなストレスが、いつの間にか棘(とげ)となって心に刺さってきます。

身体を動かすこと意識することです。
工夫してみてください。

私はエネルギー管理と優先順位管理を徹底しています。

早朝の時間がもっともエネルギーが高いので、重要なことや考え事は早朝にしています。

早朝の自然界の良い「気」を感じて、今、確かに生きている。
その実感を体中で受け止めてください。

生きていれば、不安や心配事もあるでしょう。
楽しい明日ばかりではありません。

それでも私達の魂は、悠久の時を越えて生命のバトンを受け取り、今に繋がり
明日もこうして生きていられる。

その感謝の気持ちを忘れてはいけない…

自然(宇宙)の意志で私達は自然物として生み出されている。
役目を与えられて生かされている。
その事を忘れずに、今、生きている事を実感して感謝を持って生きる。

この未曾有の危機も、
自然の意志、宿命に沿って生きれば大丈夫です。

宿命から外れた生き方をして自然淘汰されぬよう、今、身体を動かして心の棘を抜いてください。