fbpx

注意:みら~にゅ~ろんの脅威

「類は友を呼ぶ」
と言う言葉聞いたことありますよね?

似ている人は、
似ている人を、
呼び寄せる…

それって、本当なのか?
それとも、偶然の現象なのか?

実際のところ、
これはただの偶然ではなさそうです。

人は自分と似たような人が集まる環境を
安全と判断します。

これはを「コンフォートゾーン」と言って、
科学的にも証明されています。

要は、「居心地が良い場所」という意味です。

その選び方は人それぞれで、
・学力
・年収
・経歴
・ビジネスステージ
などなど

安全で安心を好むのは、
人間の本能でもあります。

なので、
わざわざ、居心地が悪い、
予測のつかない場所に居たいと
思う人はなかなかいませんよね。

ですが、
人生を常に変え続けている人は
自ら心地が悪いところに行きます。

それは何故かというと、
心地いい場所「コンフォートゾーン」
には進化・成長はないからです。

コンフォートゾーンの外にしか
自分自身の成長はなく、

自分と同じレベルの人と
居たら何も変われないと
分かっているからです。

目標を叶えたり、夢を叶えたり、
成功は安全地帯の外にしかありません。

よく「環境」を変えなさい、
付き合う人を変えなさいと言うのは
そうゆうことなのです。

自分を変えれない、
人生を変えられない、
いつも同じ人と一緒にいる…

そんな人達は、
そこに気づけていない、
いや、気づいていても見ないよう、
現実から目を背けている…

ほとんどの人が
安全地帯に留まります。

何故なら、出る必要性がなければ、
安全地帯を離れる理由が無いからです。

そして恐ろしい事に、
多くの人は出る目的を明確に持つことが
どれだけ大切かに気づけづ、

目的を持つことすらしないので、
人生は何も変わらず、
いつも同じような行動を続けて
年を重ねていく…

同じような人が集まり
同じような時間を過ごし、
何も変わらない…
まるで時間が止まっているよう…

それとは逆に、
成長・進化しいている人の周りには
エネルギッシュで行動的な仲間が
集まります。

そして進化成長を続ける人、
成功者には「性格」に
共通したところがあります。

成功者の性格の共通点は

何かプロジェクトなどをやる時に
目の前の事には慎重で
一見ネガティブ思考で、
細部にこだわります。

それと同時に

普段は
「何とかなるだろう」
「いつか上手くいくよ」
といっった感じで超楽観的で
ポジティブ思考です。

しかし、
成功者の性格がこうだからと言って、

長い年月をかけて創られた自分の性格を
中々変える事はできませんよね。

ただ、明らかなのは、
ポジティブな状態でいれば
精神的にも肉体的にも健全になります。

逆に『環境』が悪いと
ポジティブになる事は難しいです。

例えば、
ネガティブ集団の中にいて、
辛気臭いエネルギーの中にいたら、
嫌でもネガティブになってしまいます。

周囲の性格や口癖などは無意識で影響されます。

周囲の状況を脳に転写してしまうことを
『ミラーニューロン』と言うのですが、

ミラーニューロンはイタリア・パルマ大学の
ジャコーモさんがサルの実験で発見した
神経細胞です。

これはとても恐ろしいことで、

『どんなに努力しても周囲には嫌でも影響される』

とも言えます。

「朱に交われば赤くなる」

ということわざの通り、周りの人に
嫌でも似てしまうという恐ろしい
神経細胞です。

恐ろしいのは性格や口癖だけでなく
収入まで似てしまう事です。

いつも一緒にいる五人の平均年収が
あなたの年収に等しい。

こんな話を聞いたことありませんか?
これ本当なので試してみてください。

年収600万円の人が、年収100万円の人と
ずっと一緒にいると段々と収入が下がって
しまいます。

口癖、性格、考え方、行動などすべてが
周囲の人間に影響されてしまうのです。

逆に、
自分の理想の人『だけ』と付き合うと、
状況は激変します。

自分がライフワークが定まらず、
何を始めて良いか分からず
迷走していたときは、

やはり周りは同じような、
人生の迷い人ばかりでした。

しかし、ある出会いを期に、
自分より収入が高く、理想とする人
『だけ』と付き合うようにしてからは、

面白い事にそれから一気に収入があがり
性格や口癖、話し方まで変わってきました。

逆に、周りに良い影響を与える事も出来ます。
他人をミラーニューロンする事ができるのです。

私はクライアントから

「一緒にいるとやる気が出る」
「迷いがなくなりスッキリする」

とよく言われるのですが

あなた自身が環境を選び、
高いエネルギーを持てば
他人に良い影響を与える事もできます。

私は、悪いミラーニューロンの環境には
極力意識して近づきません。

良いミラーニューロンの環境に身を置き、
脳を前向きでチャレンジングで良い状態
に保つことを心がけています。